補助金を利用しよう

会社設立するならぜひ補助金を利用しよう


会社設立をすれば資金繰りを考えていかなければなりません。そのために融資を受けようと考える人もいると思いますが、融資を受ければもちろんですが返済をして行かなければなりません。補助金というのは、もらうことのできるお金で、融資のように返済をする必要はありませんから、会社設立をしたのなら、ぜひもらっておくべきでしょう。

なお、補助金と同じような意味で用いられることがありますが、厳密に言えば違いがあります。補助金は、要件に一致すれば受給することのできるものですが、補助金は予算が決められていますから、予算を超えることはありません。ですから、他の企業が受給して予算がつきてしまうと受け取ることはできなくなります。

では、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。会社設立をするときに利用できるのが独立行政法人中小企業基盤整備機構です。なにやら長い名前なのですが、何をやっているところかといいますと、簡単に言えば小さい企業を応援することです。会社設立だけではなくて、新たな事業に参画するときに必要な資金も提供してくれます。

あくまでも「補助」であるために、必要な資金の全額を受給することはできません。助成率が3分の2と定められていますから、3分の1は自己資金で事業を興さなければなりません。とは言っても、3分の2も出してくれるのなら、これほどありがたいことはないでしょう。上限については、地域需要創世型起業・創業の場合には200万円、第二創業の場合は500万円、海外需要獲得型起業・創業の場合には700万円と定められています。

注意しておかなければならないは後払いだということです。実際にかかった経費の3分の2を後からもらうことができるわけです。また、他にもいろいろな条件があって、その条件に合っていないと受給することはできません。会社設立をするときに、当てにしているともらえなくなったときに困ってしまいます。審査もあるのですから、場合によってはもらえないこともあることを理解して置かなければならないでしょう。

他にも補助金というものはいろいろなものがありますが、負担率や上限が定められているのが普通ですし、後払いが基本です。ですから、資金繰りの前提条件として考えるのは経営上のリスクがあると考えられます。もしももらえなかった場合に資金繰りができなくなるといったことのないようにしなければなりません。むしろ、もらえればラッキーというような感覚で利用するべきでしょう。”

  • 会社設立時の顧問委嘱には明確な目的が不可欠 会社設立のときは、多くの企業が期待に胸を膨らませての出発になりますが、反面期待通りにいかないことへの不安があることも否定できないでしょう。 だから、うまく行くことへの保険として …

    会社設立時の顧問委嘱